公益法人情報

北九州市獣医師会の事業内容

活動内容.01

狂犬病予防事業

我が国では昭和32年(1957年)以降、狂犬病が発生していませんが、地球上では、公表されているだけで毎年5万人もの方が亡くなっています。日本での狂犬病の発生を防ぐため、狂犬病予防法に基づき狂犬病予防注射の実施、狂犬病予防の啓蒙活動などを行っています。

北九州市獣医師会

詳しくはこちら

活動内容.02

学校飼育動物支援事業

学校や幼稚園、保育所などで飼育されている動物の飼い方指導や動物とのふれあい授業への講師派遣、病気になったり怪我をした動物の診療、先生対象の講習会への講師派遣などを行っています。

北九州市獣医師会

詳しくはこちら

活動内容.03

動物愛護事業

動物の愛護及び管理に関する法律に基づき、動物愛護週間にあわせ関係機関と協力して、到津の森公園で開催される動物愛護デーの催しや動物の無料なんでも相談などの動物愛護の啓蒙活動を行っています。
また、捨て猫・捨て犬防止キャンペーン事業として北九州市内で飼育されているメス猫やメス犬の不妊手術に対して抽選で、助成金を交付しています。加えて、動物愛護センターのワンニャン譲渡会で北九州市内の飼い主さんに引き取られたメス猫にはもれなく不妊手術の助成金を交付しています。

北九州市獣医師会

詳しくはこちら

活動内容.04

夜間診療事業

当会では夜間に急変した動物達を救う拠点として、北九州夜間救急動物病院を開設しました。本動物病院開設により会員病院との連携、地域医療の充実、安心して動物を飼う事が出来る地域作りを目指しております。

北九州市獣医師会

詳しくはこちら

活動内容.05

災害時動物救援事業

災害発生時に北九州市と協力し、被災動物救援等のため獣医師を派遣し援助等を行っています。

活動内容.06

畜産振興事業

「小倉牛」肥育農家の技術向上を目指して、北九州市では「小倉牛枝肉共進会」が開催されています。当会では北九州市における畜産振興を奨励するための支援を行っています。

活動内容.07

盲導犬普及の支援事業

平成2年度より財団法人九州盲導犬協会や盲導犬利用者からの要請により、北九州市内で活躍している盲導犬や引退したリタイヤ犬に対し、ワクチンの無料接種並びにフィラリア予防薬の無料投与を実施しています。また、盲導犬普及・啓蒙のための募金活動を行っています。

活動内容.08

獣医学術の普及向上事業

獣医師の学術向上のため、学術講習会を実施しています。
また、九州地区獣医師大会及び日本獣医三学会(九州)を九州地区の獣医師会の持ち回りで、当会でも9年ごとに主催しています。
さらに、福岡県内で開催される学会の共催や全国各地で開催されている学会・講習会への参加を行っています。

活動内容.09

希少野生動物支援対策事業

九州地区獣医師会連合会(九州各県・市獣医師会9団体、4,000名)が行う、九州地区における希少野生動物(アマミノクロウサギ、都井岬馬、ツシマヤマネコ)保護活動の支援を行い、希少野生動物の保護・増殖につながるよう努めています。

野良猫

長崎県の対馬、沖縄県の西表の両島(無獣医地域)に動物病院(医療所)を平成13年に開設しました。月1回獣医師を派遣し、両島内のイエネコ、ノラネコを対象に避妊・去勢の手術、感染症の予防注射、駆虫等を実施していましたが、現在では長崎県及び沖縄県の獣医師会に委託し、地域の診療を中心にイエネコ(飼い猫、野良猫)を対象に避妊去勢手術・伝染病検査等獣医療活動を行っており、平成19年度末までに1千頭を超える診療実績を挙げてきました。

公益法人関係資料

平成29〜30年度役員

理事・会長 西間 久高
理事・副会長(狂犬病予防事業委員会担当) 関 一弥
理事・副会長 市川 睦
理事(財務委員会及び夜間動物病院事業委員会担当) 吉岡 宏
理事(公衆衛生・産業動物委員会担当) 寺西 泰司
理事(学術委員会担当) 田中 勝敏
理事(学校飼育動物委員会及び災害時対策委員会担当) 井手 誠二
理事(動物愛護委員会担当) 疋田高太郎
理事(総務委員会担当) 富樫 直高
監事 高根 浩太
監事 富下 義文

財務資料

 


ページTOPへ

北九州市獣医師会

〒805-0071
福岡県北九州市八幡東区東田1丁目3-6

狂犬病予防注射 動画で確認
学会・講習会情報
日本獣医師会
日本小動物獣医師会
アドビリーダー
会員専用ページ